top of page

こどもの世界

ある子のお話。

トイレトレーニングが順調にすすみ、トイレで出来るのに、オムツを好みます。


じゃあ3歳になったら毎日トイレでやろうね


ママはそう言って、言葉通り、トイレでするかどうかを毎回聞きますが、強制はしませんでした。


3歳の誕生日。

起きて来た我が子に、ママは笑顔で、3歳おめでとう!!と言いました。


すると、どうしたことか、その子の目にはみるみる涙が溢れてきました。

驚いたママは、我が子を抱きしめて聞きました。


どうしたの?


するとその子はママを見ていいました。


だって3歳になったらトイレに行くんでしょ。

ママはもう手伝ってくれないんでしょ。

ひとりでぜんぶやるんでしょ。

できない!


数週間前に言った、3歳になったら がこんなにも心に響いていたこと、トイレから派生して、あらゆることまで任されるということまで考えていたこと。

母は3歳になったばかりの我が子をみながら、思った以上に複雑な、こどもの思考、理解、こどもの世界観に驚愕したのでした。


子どもの頭の中は、複雑です。

ひとつの言葉、出来事から、あれこれ考え、糸が絡まり、ほどき方がわからなくなってしまうことが沢山あります。


まあいいか

そう、切り替え諦める時もありますが、

どうしようのループから逃げ出せなくなる時もあります。


機嫌の悪さ

かんしゃく

反抗的なことば、態度

無関心

変な雰囲気


それは、素直に泣いたり助けて手伝ってを言えない子どもからのメッセージかもしれません。

子どもの世界に興味を持って接すると、絡まったさまざまな考えが、少しずつ見えてくるのではないでしょうか。


こどもの世界、それは大人と変わらず複雑で、大人の想像を超えた世界なのかもしれません。




閲覧数:8回

最新記事

すべて表示

友だち

bottom of page